日常のあれこれをつれづれなるままに


by udonn418

2006年 11月 07日 ( 1 )

憧れのフィレンツェ


e0062214_14554548.jpg
世界遺産フィレンツェ歴史観光です。
「ウフィツ美術館」と数々のパンフレットで紹介されている「ドゥーモ」。
中でもドゥーモはイタリア旅行の3大楽しみの一つであった。
バスを昼食の後、歩いて目的地へ。

ドゥーモの丸い赤い屋根が見えてきた。
おおおぉぉぉぉ~~~~~誰彼となく感激の声が一斉に。
本の通りや!
うわぁーほんまにほんまや!
街のど真ん中やー
上に登ってみんとなぁー
とうとう来たなぁーー

しかし、生憎の日曜日でこの日はクーポラに登る事が出来ず、夕日に光り輝くフィレンツェの街並みは見ること叶わなかった。
すごく悲しかった。

その後美術館で数々の名作を鑑賞し、ミケランジェロの彫刻を堪能し、自由時間は裏町を歩き回り有意義に時間は過ぎていった。

が、日が暮れて集合時間になっても和歌山から参加していた定年になったばかりの夫婦が来ない。
添乗員さんが探し回り、右往左往するも音沙汰無し。
周りは観光客でごったかえし、暗くなり皆不安顔。30分過ぎた頃、添乗員さんが、探し出してきた。
勘違いして違う場所で待っていたらしい。
さすが、ベテラン添乗員さん、頼りになりまする。
ていうか、間違う場所、間違う人多いということかな。

画像はこちら。http://udonn.seesaa.net/
[PR]
by udonn418 | 2006-11-07 14:56