日常のあれこれをつれづれなるままに


by udonn418

イタリアの花


e0062214_14212651.jpg
もうイタリア関連は終わったと思うでしょう?
ところが、どっこい、そうは問屋が卸さないんであります。
旅行に行って私の趣味の花の話題がまだ出ていませんがな。

私の旅行って言ったら、趣味の花が出ないことには終われません。
ツァーで急いでても、並んで歩いてても、脇に花が咲いていれば素通りすることは決して許されない行為であります。
コロッセオ観光でも、コロッセオはチラッと一瞥したら、後ろの芝生に生えているデージーに目が行っていた。
ギリシャ神殿でも、ガイドさんの説明は右から左に、気持ちは、その辺に咲いてる野の花に関心がいってしまって、種できてるかな?と観察に余念がない。

今まで旅行に行ったら、変わった花があると写真に収めるのは勿論だが、あわよくば種を採取して内緒で持ち帰り、我が家の庭で咲かせてみたい欲望を満たそうと努力してきた。

ハワイでは落ちてた椰子風の種を持ち帰り、ニュージーランドではサルビアの種、カナダではチコリと何が咲くかわからない怪しい種(結果、この種は牛蒡であった)。
エジプトだけは唯一手ごろな花がなかった。

今回はカプリ島の丘に咲いてた、名も知らぬ青い花の種とイタリアキンギョソウの種の収穫があった。
イタリアは思いのほか花が少なかった。
でも、猫はいっぱいいた。
猫。。。。。。
[PR]
by udonn418 | 2006-11-21 14:24