日常のあれこれをつれづれなるままに


by udonn418
カレンダー

<   2006年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

風邪予防


e0062214_17412950.jpg
私は、風邪を引いているわけではありません。
こうならないように願ってるのです。

昨日の新聞の受け売りですが・・・
★風邪の予防の為には普段から口を閉じて風邪ウイルスの進入を防ごう★というもの。
口を開けて生活する癖のある人は、『風邪菌さん、どうぞお入り下さい』、と招き入れてるようなものだそうだ。
成る程入るとこが大きければおのずとそうなるわな。
どうせなら鼻の穴も閉じたほうが良いのにと思うが、生きていくには閉じるわけにはいくまい。

マスクをしたらいいのだろうけれど、風邪を引いていないのにマスクをしていると、親しい人でも避けて通られる可能性があって寂しい。

そこで工夫が要る。
人混みでは口は閉じるて鼻呼吸を励行するのは勿論だが、その鼻呼吸も並みの鼻呼吸ではダメでしょう。
息をはくのは思いきりしても、良いとして、問題は吸い込む方だ。
静かに、静かに、そ~と吸い込む訓練が必要だろう。

また、呼吸数を少なくしよう。
それには、訓練が必要だ。
私のやってるとっておきの訓練を披露しよう。
湯船に浸かって、顔を沈め、息を出来るだけ長く我慢する訓練法である。
皆さん、真似してよろしいで。
ちなみに私は毎年一回は風邪を引いております。

みなさんの風邪予防大作募集中。
[PR]
by udonn418 | 2006-11-30 17:42

クリスマス電飾


e0062214_16172770.jpg
ああーもうクリスマスも近いですなぁ。
巷ではクリスマス電飾が華やかだ。
我が団地でも派手な飾りつけで人目を引きつけているお宅がある。

我が家も何年か前まで、ひっそりと静かにやっていた。
しかし静かな中でも去年よりは今年今年よりは・・・・等とグレードアップをしたくなり経済的事情も、手間も・・・。
飾るのは楽しいが、外す時は面倒なのである。

派手派手で目立っているお宅は、電気屋さんが飾り付けを依頼されてするそうだが、いったい
電気代いくらぐらいかかるんだろう?
よそ様の事ながら心配で心配で眠れない。

今日は、散歩がてら見に行った。
いつも目立っていたお宅は今年も頑張っていた。
しかし、感動は伝わってこなかった。
昼見に行って感動を覚える人はいないだろう、という声もあるが・・・成る程的を得ているかもしれない

まさに昼行灯。
夜見てこそ真価が発揮できると言うもの。
しかし、夜は、食事関係で忙しい、寒い、眠い、風呂に入らないといけない・・・・等、諸般の事情があることをお察しいただきたい。
[PR]
by udonn418 | 2006-11-29 16:17

給食費滞納

経済的ゆとりがあるのに、給食費を滞納する保護者が増えていると聞く。
払わなくても給食が出ないということは決してないことを知っての悪質な保護者には呆れを通り越して腹立ちを覚える。

ここで言いたい。「贅沢する金があるなら払え
e0062214_157032.jpg

食い逃げと同じではないか。
法的措置も検討中というけれど、きっちりやってもらいたいものだ。

昔の話で恐縮だが、私は給食が楽しみであった。
嫌いな脱脂粉乳も一気に飲めばどうってことなかった。
月一の甘いコーヒー牛乳風に至っては大好きでお代わりしたいほどであった。
が、出来なかった。今からは想像できないうぶな少女であった。
おかずも、家で出るより上等で、献立も凝っていた。
私の一番の好物は、鯨の肉の大和煮であった。
さいころに切った鯨肉を甘辛く柔らかく煮たものである。
そのときは、平静を装う振りして、周りの皿に大和煮が何切れ入っているか数えていた。
私の皿のが少ないと心で泣いた。
多い日は平静を装うとしても、知らず知らずのうちに笑みがこぼれていたように思う。
隠し事が出来ない真正直な少女でもあった。
これはおばさんになった今も変わらず。
[PR]
by udonn418 | 2006-11-28 15:08

危ない


e0062214_14511920.jpg
買い物から帰り昼ごはんのお茶を入れる段になって,
あ・・・・・・・お茶葉がない。
今日の買い物はお茶葉を買うのが第1目的で、しかも半額デーというすばらしい日なのであった。
これを買うが為に今日の買い物はあったようなものなのに・・・・他のものいっぱい買って肝心の物を買い忘れたおばさん。
とても悲しかった。
ショックが大きかった。
脳がかすかすになっていっている。
認知症の文字がちらついた。

落ち込んでいた時、ネットで脳年齢お試しテストと言うのが目に入った。
恐かったがやってみた。

一回目は『40代後半』・・・・・・・・ふむふむ、まぁまぁじゃな。
二回目は『40代前半』・・・・・・・・あら、いい感じ。
三回目は『30代後半』・・・・・・・・私もまだまだ捨てたもんじゃないわ。
期待して四回目『50代前半』・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・なんで????
五回目『30代後半』・・・・・・・・・・ふっふっふっふっふっおほほ、今日はいい天気だわ(雨降ってるし)
夫が言った。
それって、何回もやると成績上がるらしいで。あんまり信用できへん。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
[PR]
by udonn418 | 2006-11-27 14:58

晩秋


e0062214_17314999.jpg
はらはら~~はらはら~~~
落ち葉が舞い落ちるのを見ると、何やらセンチメンタルになるおばさんであります。

ああーーあのモミジが金になるんやんぁーと。
うらやましかーーー

モミジを採取して料亭などに出荷する商売があると聞く。
過疎の何も特産品のない村で、モミジのお陰で活気付いているという。
どうやって新鮮さを失わないまま保存するのか知りたい。
私にも出来るなら野山を這いずり回ってモミジを集めますで。
まぁ、企業秘密でしょうね。教えてもらえんでしょうね。
モミジが巷に溢れかえったら商品価値なくなりますもの。

それならモミジの天麩羅でも、しようと検索したら、これまたノー。
モミジは1年間塩漬したものを使うそうなーー
世の中甘くないですなぁ。
ただでいい思いしようとする者を容赦なく切り捨てる。
ああぁぁぁーーーきょうもはらはら~~モミジは落ちる。
もう、もう・・・・・・・・うら悲しい。
[PR]
by udonn418 | 2006-11-26 17:32

男のくせに~


e0062214_1829037.jpg
夫が冷え性!
うっそぉー男が冷え症になるはずないわ、信じられん・・・・と思っていた。
でも、現実に夫は足が冷えて、夜、ホームゴタツで足を暖めて2階の寝床に入るのに、冷えて眠れないと言う。
昨日は、靴下を履いて寝たらしい。
何度も言うが、うっそぉー男が??マジで?

女性は昔から冷え性は定番として認知されているから冷えて当たり前。
私だって冷え性だけれど、靴下履いてまで寝るほどではない。
真冬には湯たんぽも入れるけれど、それも布団を暖めておくだけ。布団に入ったら出す。

そういえば女性の為の防寒具(足の)は売ってるけれど、大人の男性のはないなぁ。
私は毎年、ブーツ型の室内履きを購入するが、男用はどこにもない。
大きさも24、5までのサイズしかない。
今年も私はピンクのほかほか室内履きをネットで購入して、ほかほかぬくぬくで幸せ。
チラシ広告などで、男用の室内履きを捜しているがない。

夫よ!こうなったら、諦めて、腹巻をしなされ!
あれはいいらしいで。冷えは腹から来るらしいから腹温めないと。
腹巻は夏の寝冷えを防ぐと思い込んでいる夫よ、意識改革だ。
それから、夏の間のあの癖は止めた方がいいよ。
いくら暑いからとて、全裸で寝る癖。
夏の冷えが、因果となって冬に冷えを呼んでいると思うし。
[PR]
by udonn418 | 2006-11-25 18:29

大変な事が~


e0062214_15515511.jpg
ああぁぁぁぁーーなんとーーーなぁーーーはぁーーー

私を失意のどん底に陥れたのは、何を隠そう、「トイレ」。
※カレーを食べてる方、ごめんなさい。※
2階のトイレが、築16年目にしてストライキをおこしたのであった。
水の流れがやけに遅い。このまま行くと中身があふれ出て一大事になる。
夫と相談した。
夫は、「ちょっと自分で直してみよう」と何時になく張り切っていた。
網戸貼ってもシワだらけ、棚も作れない夫が果たして大丈夫だろうか・・・・
まぁ、修理頼むと2万近くかかるらしいから、自分で直せたら、修理代が浮く。
そのお金で美味しいものでも食べよう、と・・・・・・・・・・・・・・・蟹が良かろうか・・・

が、事は単純ではなかった。
あれやこれや、、、、、、ネジが馬鹿になってるだの、外れないだの、水を抜かないといけないだの、アレが足らん、コレも要る、ソレも買わないと、、、、、、、、、

時間だけが確実に過ぎていった。
アレもコレも、ソレも買いに走った。

結果、時間は3時間半。直すのに要した用具代金、4380円。
それでも、直ったなら、良しとしましょう。
しかし、直ったか否か、アレをしてみないと結果はわからないのである。
アレは、アレで、アレですから。
2階は殆ど息子のトイレ同然なので、息子の明朝のアレで、その結果が判明するであろう。
試験の結果が吉とでるか凶と出るか・・・・・・・・合格発表を待つ受験生の気持ちである。
[PR]
by udonn418 | 2006-11-24 15:52

変わりコロッケ


e0062214_1453429.jpg
世の中、勤労感謝の日とかで浮かれてますなぁ。
報酬を得る勤労をしていない私はちと小さくなっています。

でも、家事は頑張っています。時には手抜きもするけれど、それも愛嬌。
昨日はコロッケを手続くりしましたで!
いつもどこにでもあるような平凡を絵に描いたようなコロッケだが、今回は違います。
一工夫しました。
なんとコロッケの中心にウインナーを入れたのであります。
脱マンネリです。
賞味期限が8日過ぎたウインナーが静かに冷蔵庫でお休みになっていました。
それを使わせていただきました。
日ごろ無駄が多いと夫に叱られていますが、私は生まれ変わりました。

計12個作った中、ウインナー入りは4個。
夫と息子は競ってウインナー入りを所望しました。
私は夫と息子に譲りました。
いくらう胃が丈夫な私とて、大分過ぎた賞味期限切れは危ないでしょう。
まぁ、2人とも問題はなかったようで安心でした。

味はまずまずだったようですが、ちと問題が・・・
箸でちぎる時、ウインナーが切れないんですわ。
今度は、サックと切れるものを挟むことにしましょう。
リンゴとかバナナはどうでしょうね?
[PR]
by udonn418 | 2006-11-23 14:53

ああーこんなことも~


e0062214_1519735.jpg
硬い言葉で表現で言えば「イタリア総括」とでも申しましょうかー
色々感じたこと書きなぐってきたけれど、まだ言いたいことがあるのに気がついた。

①イタリア人はファンタが好きらしい(メニューに必ずあった)。しかし食事にファンタは合わんで。
②石畳が多く靴が傷んだ。落ち着いた雰囲気を醸しだしていてよろしいが、ヒールは溝にひっかり怪我する。
③エレベーターに閉まる表示がない(せっかちなのは日本人だけだろうか?)
④イタリアの若者はスタイル抜群であるが年を重ねるごとにふっくらしていく。勝手な分析だけれど、食後の甘いものが過ぎてるのでは?
食べたデザートは、全てあまーい物ばかりであった。
⑤ホテルのテレビを付けるとエロエロチャンネルが普通にある。教育上どうかなっと心配した。
⑥サッカーが盛んであった。相撲している人は見かけなかった。
⑦自動販売機がない。
⑧壁に落書きが多い。
⑨ミラノ風カツレツは非常に美味しいと聞いていたので熱烈な期待を持っていたが一番まずかった。
何の肉かわからなくて味がなかった。やはり肉はステーキかカツでしょう。
⑩シチリアで名物のライスコロッケが食べられなかったことが心残りだ。スナック風で美味しそうだった。
⑪・・・・・・・テレビで阿倍総理の顔を見たのは2回だけであった。やはり日本は遠くて遠い国なのか?
⑫しかし、テレビで日本アニメを見た。「メゾン一刻」。お笑い番組を見ても言葉が理解できないと笑えない悲しさよ。

長い間イタリア旅行記を見てくださってありがとう。明日から日本よもやま話でで頑張ります。
[PR]
by udonn418 | 2006-11-22 15:26

イタリアの花


e0062214_14212651.jpg
もうイタリア関連は終わったと思うでしょう?
ところが、どっこい、そうは問屋が卸さないんであります。
旅行に行って私の趣味の花の話題がまだ出ていませんがな。

私の旅行って言ったら、趣味の花が出ないことには終われません。
ツァーで急いでても、並んで歩いてても、脇に花が咲いていれば素通りすることは決して許されない行為であります。
コロッセオ観光でも、コロッセオはチラッと一瞥したら、後ろの芝生に生えているデージーに目が行っていた。
ギリシャ神殿でも、ガイドさんの説明は右から左に、気持ちは、その辺に咲いてる野の花に関心がいってしまって、種できてるかな?と観察に余念がない。

今まで旅行に行ったら、変わった花があると写真に収めるのは勿論だが、あわよくば種を採取して内緒で持ち帰り、我が家の庭で咲かせてみたい欲望を満たそうと努力してきた。

ハワイでは落ちてた椰子風の種を持ち帰り、ニュージーランドではサルビアの種、カナダではチコリと何が咲くかわからない怪しい種(結果、この種は牛蒡であった)。
エジプトだけは唯一手ごろな花がなかった。

今回はカプリ島の丘に咲いてた、名も知らぬ青い花の種とイタリアキンギョソウの種の収穫があった。
イタリアは思いのほか花が少なかった。
でも、猫はいっぱいいた。
猫。。。。。。
[PR]
by udonn418 | 2006-11-21 14:24