日常のあれこれをつれづれなるままに


by udonn418
カレンダー

<   2006年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧

イタリア


e0062214_17454046.jpg
明日からイタリアに行ってきます。
13日間留守にします。
イタリアは食事が美味しいらしいので太らないようしっかり食べてきます。
帰ってきたらまた遊んでください。
では行ってきまーす。
[PR]
by udonn418 | 2006-10-18 17:46

オムライス


e0062214_20525919.jpg
きょうは、天気晴朗で誠に秋らしい天気だった。
しかし、何やかやと急がしかった。
それでも3度の食事は作らなくてはならない。
外食と言う手もあるが、緊縮財政の我が家には許されることではない。

で、いつものごとく、「きょう、何が食べたい?」
毎度、おなじみの質問である。
夫は言った。

「う~~~~~~ん~~~んん」・・・・・・「カレーかオムライス」。
夫は、子供っぽいメニューが好きである。
とても年食ったおっさんとは思えない好みであった。
本当の所、子供っぽいメニューは手がかからないので歓迎の気持ちが強い。

またぁーーと一応言っておいて、「しめた、手抜きできる」と秘かにほくそ笑んだ。
他に、夫の好みは、うどんである。
しかも、うどんは毎日でもいいと言う。

本気かいな?私が毎日うどん作るはずがないと思ってるな。
作るで!覚悟しいや!
[PR]
by udonn418 | 2006-10-17 20:53

猿事件その後


e0062214_1626812.jpg
猿を目撃したのは前述したけれど、重大な事件に遭遇し警察に通報したにもかかわらず釈然としないものが心に残っていた。
ちょっとした集まりに、猿目撃談を得意げに披露したら、
★ええぇぇーーほんまなーー
★こんな住宅街に出るとなー
★うわぁー恐いなぁー
程度で終わり、皆、自分が体験した恐い経験を我先にと話し出し、話題は違う方向にと向かっていった。
はぁ・・・・・・・あぁあぁぁぁ・・・・・なんとなぁーーー

その上、警察に連絡したにもかかわらず、、しかも登校時間にも関わらず、警察官も教師も見回りも来ず、気落ちしてしまっていた。

ところが、来た。来た。
回覧板が。町の環境局から。
それには、
「猿が目撃されました。注意しましょう。①・②・③・・・・・」と書いてあった。
ううぅぅぅっーー私は報われた。溜飲が下がった。
この程度のことで喜んでいる、私は単純なおばさんだろうか?
[PR]
by udonn418 | 2006-10-16 16:26

スープチャーハン


e0062214_1644613.jpg
きょうは夫が同窓会に行っており、お昼ご飯は息子と2人であった。

食事の用意面倒だなぁ。さりとて昼抜きでは病気になる。
ハンバーガーでもしようかとの腹づもりで、
息子に「何が食べたい?」と聞くと・・・
「チャーハン。スープチャーハン。」と即答。

「ん、じゃぁ、あんたが当番ね」
ぐずぐず渋っていたが押し切った。
本当のところ、私はチャーハンが好きなほうではない。
よって、あんまり作らない。
まぁ、料理する人の好みで献立は決定するのが我が家の流儀であるので、致し方ない。

息子が食事作ると、時間が私の倍はかかる。味はイマイチ。
その上、台所は汚し放題。材料は本の通り揃えないと気がすまない。。
だけれど、チャーハンは材料費も安い、調理時間も早い。
まぁ問題なかろう。

が、、、、、が~~ん
まずい!
しかし、ここで、残してしまっては教育上良ろしくない。
私は頑張って残さず食べた。
息子は、「結構いいかも」と満足の様子であった。
あ、そう、良かった、またチャンスあげるから頑張りや、と心の中で・・・
[PR]
by udonn418 | 2006-10-15 16:05

疲労回復


e0062214_1558432.jpg
秋の日のヴィロンのため息の身にしみて~~~~

秋深まって、食欲は旺盛なのだが、何か普段と違った事をすると疲れが目立つような気がする。
年のせいと言えばそうなのだが、それで片付けられると話しは進展しない。
何が言いたいのかと言えば、疲れを吹き飛ばしてくれると言うアレの話しである。

夫の実家に行けば、挨拶代わりに、アレが出る。
お茶ではない。疲労回復ドリンクである。
よくコマーシャルで宣伝している、一番安いナントカCというヤツ。

結婚してウン十年・・・出なかった事はない。
ところが、私はコレが苦手なのである。
あのなんとも形容しがたい、液体風邪薬の匂いにまず拒絶反応。
我慢して飲んでみれば、なんともなぁ~~~まずい!
悲しすぎる。

まだコーヒー牛乳の方が大好きである。サイダーでも許せる。

私の実家に行っても母は、「1本いっとくか?」と言って出してくる。
「い・ら・ん」。

年よりはアレが好きなのか?いや、姉達も、事あるごとに「アレ、1本いっとこ」と某メーカーの売り上げに貢献している。
私も練習して貢献した方が良いのか・・・・
[PR]
by udonn418 | 2006-10-14 15:59

コレステロール検査


e0062214_15533813.jpg
ううぅぅぅぅぅぅううぅぅーーーーーーーーう。
死ぬかと思った。
定期的なコレステロール値の血液検査でのことであった。
気が小さい私は、注射器を見ると平静ではおれなくなる。ドキドキ、キュンキュン、へりへり・・・
だが、負けてはいては世の中の荒波にのまれてしまう。
意を決して私は注射器の動態ををにらみつけた。

ブスッ。
チクッ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
あ。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。あーーー

『あれ????』看護婦さんの声。
血液が出てこない。

私の頭は真っ白になった。
あああぁぁぁぁぁーーもうーーーーーダメ。

看護婦さんは焦って注射針をこねくり回した。
やめて!はぁはぁ、、、刺し直して!と言いかけたその時やっと血液が出てきた。
死ぬかと思った。

私は心から切望する。
どうか科学者の皆様、血液採取しなくても検査できる方法を発明してください。
[PR]
by udonn418 | 2006-10-13 15:53

事件です


e0062214_14581728.jpg
ああぁぁぁーー猿がーー
早朝、朝餉の用意にかかるべく気合を入れようとしたその時、外で静かな、しかし、はっきりとした声がきこえてきた。
はす向かいのスタイル抜群の奥様の声であった。
奥様はキャーなどと大声をあげたりしない。スリムな体なのだから。

ん・ん・ん、、今確か猿、さる、サルと言ったような~~
化粧化のない生気の無い顔で表に出てみた。
隣の家の2階の屋根に大きな猿がぶら下がっていた。
うっそぉぉぉぉーーまじぃぃぃぃーーー信じられっないぃぃぃーー!
住宅地の真ん中でこのような大物に出くわすなんて・・・・
ラッキィー、ブログの材料になるわ。
急いでデジカメのシャッターを。
しかし猿は逃げるのが早い。裏の公園の方に姿を消した。

次に私の取った行動は、朝食の用意、、、、いやいや、警察に電話することで
あった。

私は生まれてこの方110番通報したのは、たったの一回(車上荒らしにあった時)。
緊張するで。
テレビに出たらどうしよう・・・美容院行ってて良かった。
服もましなの着ないと・・・
が、警察は関係各所に連絡しますと言ったきり音沙汰なし。
誰かが猿に襲われたらどうするの、と私は腹が立っている。
[PR]
by udonn418 | 2006-10-12 14:58

美容院


e0062214_15131611.jpg
きょうは、6ヶ月ぶりに美容院に赴いた。
思えば長い間美容院さんにはご無礼したもんだ。

1週間ほど前、目を引くチラシが・・・・
『初めてご来店のお客様半額 』と。
おおーーーなんとなぁーーそぎゃんことがあって良かとでしょうか?
早速予約した。
が、電話対応で、いつでも空いてますと言われ・・・
なんかなぁ・・・大丈夫かいな?・・・よっぽど下手なんでは?・・・表歩けないってことは?
しかし・・・電話した手前今更断れない・・・・
・・・・行こか、行くまいか・・・

私は半額の魅力に負けた。金が全てのおばさんであった。

全ては終わった。

♪~♪♪~~
上手い!丁寧!
そして極めつけ、美容師さんの足が私のより太い!!
コレに勝るものなし。
私は勝った!

[PR]
by udonn418 | 2006-10-11 15:14

災難


e0062214_1455821.jpg
みーさんは、まじめで努力家で正義感の強いなおばさんです(高校の通信簿の連絡欄にいつも書かれていました)。
そんなおばさんですが、何の因果か、時々、いや、しょっちゅう災難に見舞われます。

昨日は、まな板が足の上に落ちてきました。
実家から送られてきた白い大根(大根は白いと言う先入観は捨てよう。一緒に送られてきたジャガイモは紫だった)。
大根を切ろうとして、まな板を持つ手が滑ったのです。

ああああぁぁぁぁぁーーーーあまりの痛さに、目から火花が散りました。
ああーもう私は再起不能。
足が折れたかも知れない。
きっとこれからギブスをはめて不自由な生活を強いられるんだわ。

旅行は行けるかしら?
買い物は?
ガーデニングは?
エアロバイクは?
お風呂は足にナイロン袋をかぶせて上に挙げて・・・・・

そんな不安が頭をよぎりショックでおののいていたら・・・・・

普通に歩ける。
スッキプの異常なし。
どうやら足は折れていなかった模様。
やはり普段の行いの良いみーさんを神は見捨てなかったのです。
みなさん、頑張りましょう!
[PR]
by udonn418 | 2006-10-10 14:55

秋晴れ


e0062214_1525852.jpg
「おお~すばらしい天気やーー」と夫は言った。
「ああーーいい天気ね」と私。
その後、時間をおいて夫は3回同じ事を言った。
私は返事をしなかった。
いくら夫婦でも何回も愛想よく返事はしておれない。

このようないい天気の時には、私は感覚的に引っかかる映像を思い出す。
コマーシャルや青春ドラマなどで、草原に大の字に寝転ぶシーン・・・である。
気持ち良さそうに、ふぁさぁーーと寝転んだり、草原に顔を埋めたり、背丈ほどもある草むらを駆けたり・・・・

こっれて一見気持ち良さそうな印象を与えるが、その実は、すーごーく気持ち悪いことなのである。
草原にはあらゆる虫が生息しており、蛇やムカデ、そしてワンコの落し物も待ち受けている。
時には人間様の落し物も。
決して敷物を敷かずして寝転んではいけないのである。

経験者は語る。
“背中を変な虫に刺されて往生したで。痛かったで!”
[PR]
by udonn418 | 2006-10-09 15:25