日常のあれこれをつれづれなるままに


by udonn418
カレンダー

<   2006年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

???の花


e0062214_19143079.jpg
この花、なんだろう?
見た目は「たんぽぽ」にそっくりだが、草丈が50センチぐらいと高い。
1本の茎から枝分かれして花を付けている。
葉はタンポポとよく似ている。
この花、去年の秋カナダ旅行に行った時、トロントのホテル近くのファストフードの店の入り口植え込みにあった。
花はすでに終わっていたが、種が出来ていたので、持ち帰った。
3種類の種を持ち帰ったものの一つ。
本当は植物は種でも持ち帰ったら良くないらしいが、黙ってバックに忍ばせて・・・(見つかったらブラックリストに載るかも)
それほど危険な思いをして持ち帰った種から、遠く離れた日本の奈良の地で花開いた。
まさに親善の花。
が、花のはイマイチ。なんじゃぁーこりゃぁーって感じ。
後の2つも大きな苗に育ちどんな花が咲くのか心待ちにしている。
[PR]
by udonn418 | 2006-04-30 19:14

本当は?


e0062214_1539344.jpg
e0062214_1540034.jpg
近所の猫。
愛想の悪い顔をしているが、根は優しい(と思う)
快くモデルになってくれた。「きれいね」と言うと、にんまり笑ってもくれた。
「ちょっと触ってもいい?」
いきなり猫パンチされた。こんな事で私はめげない。遊んでくれたのね。
アリガトネ。
さらにふさふさの肩の毛にもちょこんと触れた。
が、いきなり、それはきた。
猫パンチに猫キック、果てはガブッ!
ああぁぁぁぁーー私の白魚のような(??)右腕は傷だらけ。血もにじむ。
こんな事で私は負けない。
これって、愛情表現の一種だ、とどこまでも、おめでたい猫大好き人間の私であった。
[PR]
by udonn418 | 2006-04-29 15:40

堀江貴文氏


e0062214_13534991.jpg
あれまぁーあんなに痩せてーーすごい!
きのう3億円で保釈された堀江貴文氏を見た瞬間そう思った。
なんと3ヶ月で8キロも痩せたそうな~
おおーーあの偉そうな面構えが少々シオラシク控えめに見えた。
差し入れがあったと聞くから太ってるとばかり思っていた。
拘置所ではちゃんとカロリー計算された食事に規則正しい生活がよかったのだろう。
拘置所に入ったら太って出てくる人っていないのだろうな?
毎日、どんなメニューなのか後学のために知りたいものだ。
そして私も・・・、、、、、。
拘置所に入るのではなく、献立を真似て痩せたい。
2キロでいいから、その献立を23日と半日分続ければいい計算だ。

近くの竹林の竹の子・・・食べたい。
[PR]
by udonn418 | 2006-04-28 13:54

ヌーサン


e0062214_14523465.jpg
サンダルの新製品が出たとか~~
その名も「ヌーサン」何やら怪しげなネーミングだが、ヌーサンダルの略である。
今までのサンダルって足の甲にストラップがあって走っても蹴っても脱げないようになっているそうだ。
ところが、この新製品、その大事なストラップがない。
ぺラっとした一枚のゴムの平たいものだけなのである。
そんな変なサンダルで、履けるのか、脱げないのか、それに脱ぐとき、力が思いいっきり要るのではないか等など不安は多いが、大丈夫のようだ。
足と接着する部分に水を主成分とした特殊構造粘着で貼り付き、履いていても爽快感があるらしい。
聞いただけの乾燥としては、これは便利だ。欲しい。
ちと高い!!・・・・(2380円で効果は一年という。)・・・ミニターになるからただでくれないかな。

今ま普段使っていたサンダルは不便なことが多かった。
★サンダルの向きが反対になってると履く時履きにくい(よく反対向きに脱いで、息子に「おかあさん、ちゃんと次の人が履きやすいように向きを変えといて」と言われる。
★我が家の庭用は誰でも履きやすいようにLLを置いてあるが、これが、履きやすいが脱げ易い。履いて園芸作業していると、何かの弾みに脱げて靴下が泥だらけになる。
★外においておくとストラップと底の部分の接着がはがれやすくなって長持ちしない。
★夏場はストラップとの接触部分が蒸れていた。
以上の観点からヌーサンは画期的な商品と思われる。
これだけ宣伝したのだから、メーカーさん、どうかよろしく。

画像はサンダルを履かせたい猫
[PR]
by udonn418 | 2006-04-27 14:53

連休


e0062214_21114251.jpg
「一人きりの休日夢プラン」と言うのが新聞に載っていた。
大型連休が間近だが、主婦って食事の用意や洗濯・掃除、買い物などの家事に追われて、ゆっくり骨休みすることが出来ない。
そこで、“GWの数日間を一人で過ごせるなら何をしたいか”と聞いたもの。
①一人旅
②とことん一人を楽しむ
③読書三昧
④部屋の模様替え
⑤ひたすら趣味
等など。
私は、もう何十年も一人だけで過ごしたってことってない。いつも・・・・付録がついていた。
3日ぐらい自由にすごしてみたい希望はある。

で、私なりに何がしたいかと言うと・・・・
①私の好物だけを食べる。時間決めずにはお腹が空いた時に。夕食にケーキだけでもOK。
②寝たいときに寝て起きたい時に起きる。つまり早寝、遅起き。
③掃除は気が向いたときだけ。(ゴミで死んだ人はいない)
④時間を気にせずテレビドラマを見る。(普段、くだらないテレビを見てると軽蔑のされている)
⑤ガーデニングショップ巡りをする(夫は買わないのに見るだけって言うのはつまらんと常々言われている)
⑥・・・・・・・・・ここではとても書けない。

画像は「ハナミズキ」
[PR]
by udonn418 | 2006-04-26 21:12

睡魔


e0062214_21104851.jpg
うつらうつら~~~“春眠暁を覚えず”ではない。
きょうの同好会の会議中、眠くて眠くて椅子から落ちそうだった。
高校の倫理の授業に匹敵するぐらいの眠気であった。
どうしたのだろう・・・・脳に血液が流れていないのか・・・・はたまた誰かに催眠術をかけられたのか・・・・それとも栄養失調か(ないない)・・・・
膝をつねったり、全身に力を入れて気合だぁーキアイダァーと心でさけんでも睡魔は襲ってくる。
おまけに、このような半ネムネムの時に、空腹感までもが襲ってきて私は2重苦にみまわれ苦しい状態であった。
しかし、私はこの原因がわかった。
空腹は、何のことはない、お昼時で、前に弁当の包みが置かれて、おあづけ状態に置かれていたことに起因していた。
問題は睡魔。
話せば長い話になるが、昨日久しぶりに裏山に登った時、檜花粉も終息を迎えていると言うので、マスクをしなかった。
暑い時にマスクは苦しいのである。
ところが、今朝になって鼻水がだだらだらーーーつっーーっつっつーーちぃ~~んんぶぶぶぶ

要するに苦しくて鼻づまり解消薬を服用したのであった。
ああぁぁぁーー薬はよく効くなぁ。
私の体は何でもよく吸収する素直な体であった。

上庭・・・花が少ない。
[PR]
by udonn418 | 2006-04-25 21:11

アラビアータ


e0062214_21414260.jpg
息子が、「アラビアータ」を作った。
自慢じゃないが、私は日本人、しかも、「うどん王国」讃岐の生まれ、外国のスパゲッティはなかなか受け入れがたい。
しかし、なかなかそうも言っておれない。うどんも一週間続けて食べたら飽きる。
たまには蕎麦も、ビーフンもラーメンも・・・スパゲッティも食べて、うどんの良さを再発見が必要である。

で、息子の作った「アラビアータ」・・・・非常に・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ま・ず・い!

辛さが命と言うけれど、全然辛くない。味がない。
息子は、「おかしいこんな味を求めてはいなかった。来週リベンジだ」と。
ああーー欲求不満が残った。
息子に内緒で、静かにもみじ饅頭を食べて胃を納得させた。
夫はといえば、やはり秘かに硬いものが食べられない治療中の歯で、煎餅をぱりぽりかじっていた。
ああぁぁぁぁーー息子も隠れて何かを食べているのだろうか・・・


下の庭
[PR]
by udonn418 | 2006-04-24 21:40

あるある大辞典


e0062214_2210244.jpg
見たくないのに、また見てしまった。
「あるあるⅡウエストぶとり・・・解消」
「あるある大辞典」は痩せるという内容の時は頑張ってみていた。そして痩せる方法を習得し、頑張った。
そんな私の努力にもかかわらず、いつもいつも、ウエストも体重も変化なし。
もう怒った。
信用できん。信じて努力したのに報われない人生なんて、むなしすぎる。
私はもう見ないと固く心に誓った。

そんな私の決心をよそに夫はテレビをつける。
見ないぞ、とパソコンに集中するも、ああぁぁぁぁぁぁーーーーーー私はーーー私はーーー
いつの間にか、テレビ出演者の真似をしてウエスト痩せ体操をしている自分がいた。

。。。。。。。「1日5分の体操で3日で2センチは簡単に痩せる」。。。。。。
やってやろうじゃない!痩せなかったらどうしてくれよう!!

画像は「ネモフィーラー」
[PR]
by udonn418 | 2006-04-23 22:13

騒音おばさん


e0062214_20251625.jpg
奈良県の恥、「騒音おばさん」の実刑判決が下った。
あの布団をたたいて、「引越し引越し」と大声を出し、ラジカセを大音響で流し続けた迷惑おばさんだ。
おばさんの住む町はわが町の近所だが、「騒音おばさんの町」として有名になり観光客が後をたたないらしい。(そういうことでは有名にならない方がよい)。

ところで皆が知ってる騒音おばさんの姿、その後を知っているだろうか?
あのぷくぷくで黒々とした顔、あの栄養たっぷりの体系ーーーーそれらがすっかり様変わりして見違えるほどだと言う。
長い間の牢獄生活で変化したのであった。

顔は色白で細面。体系はスリムボディに変身。
差し入れする人もなく、出る食事は低カロリーとくれば、太る要因はない。
昔のように外で紫外線に当たり布団をたたいて運動することもないので色白になり果てた。
おお~~なんとなぁーー痩せて美しくなる方法がこんな所にところにあったとは~~~~

私は、変身した生のおばさんをこの細い目でしかと見たかった。
もう遅い。

この花は「ローズマリー」
[PR]
by udonn418 | 2006-04-22 20:25

衝撃の事実


e0062214_17534391.jpg
息子が預金通帳の記帳をしてきて、
「え、・・・・・これは・・・身に覚えのない入金がある」と驚愕の事実に戸惑っている様子。
入金学は、11923円。やけに中途半端な入金ですなぁー
このまま黙って貰っといていいものか思案に暮れている様子。
母である私は、「間違いで入金されたのかも。よかったな、儲けたね」と。
息子「・・・・・・・」合点がいかない様子。

後日、息子は友達から、恐ろしい情報を。
頼まれもしないのに入金して異常な高額の金利を徴収する悪徳商法があると言う事を。

息子は恐怖におののき早速銀行に電話をした。
誰が迷惑な入金をしたのか?
そこで驚愕の事実が判明した。

その半端な額の入金は・・・・・・・入金は・・・・私が息子に頼まれて貯めこんでいた小銭を入金したのであった。
ああぁぁぁぁーーこの親子ーー危ない。

この花は「ラミュウム」
[PR]
by udonn418 | 2006-04-21 17:54