日常のあれこれをつれづれなるままに


by udonn418
カレンダー

<   2006年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

毛玉が~


e0062214_13553693.jpg
洗濯物をたたんでいて、ふと思った。
靴下・・・毛玉が見苦しい・・・・汚い・・・ハァアァァァ・・・・・ため息。
ぶちぶち手で摘みとる根気の要る仕事だ。
裏側見るかぎりはきれいなもんなのに・・・・・
毛玉取り商品2種類ほど買ったが、効果はまるで無し。
セーターなんかも、毛玉がよくできるが、最近着る機会が激減したから、そっちの方の毛玉はあまり気にならないようになっている。
まぁ裏を返せばセーター類にも毛玉が出来るから出来ないフリースなどに代えたということである。
メーカーさん、毛玉の出来にくいと言うより出来ない商品を開発してください!
それが出来ないなら、裏表どっちでも着れる靴下並びにセーターを望んでやみません。

裏でも表でもはける(リバーシブル)毛糸用品は我ながら良い考えだと思う。
これは意外と簡単に開発できそうだと思うのだが、いかがなものか?

必要はは発明の母ともいうし、あったらいいな、が商品開発のきっかけになると思う。

[PR]
by udonn418 | 2006-01-31 13:55

天気予報は?


e0062214_1419257.jpg
寒い。しかも雨。
今日はすこぶる暖かいと天気予報では言っていた。気持ちが暗くなる。
寒いと言われてて暖かいのは得したような気分になれるものだから人間の感情は不思議なものだ。
似たようなことだが、実家の母は電話すると、「もう、体がしんどい。今年1年もたないかもしれん」だの、「食欲がない」だの、「テレビに関心がない」だの、「足が痛くて歩けない」等など実にいっぱい心配の種となるような話をする。
ところが、心配して実家に帰ってみると、これがすこぶる元気なのである。
犬の散歩は犬を引っ張るようにして頑張ってる。
テレビはと言えば、細木数子の、あの芸能人をバッサリ切る番組を筆頭としてワイドショー関係の番組に釘付け状態。
食事の合間にお菓子は欠かさない。布団に入ってもテレビ見ながら飴をなめる(これではご飯が美味しいいはずがない)。
空元気か?元気そうに振舞っているのか?と気になる事もあるが、母のこのような言動は何年も前からなので口癖が殆どのようだ。
だが、心配して出向いても元気だったら、怒る気にもなれない。安心するのである。

それにしても天気予報・・・・・・外してくれたね。洗濯物どうしてくれるの?
[PR]
by udonn418 | 2006-01-30 14:19

ど根性ダイコン


e0062214_2325199.jpg
回復を願って集中治療室に~~~
この文
面からは危機的状況に陥った人の事を想像するのが普通であるが、実は危機的状況に陥ってるのは、ダイコンなのである。
何ヶ月か前、アスフアルトを突き破って顔を出し人々に勇気を与えてくれていたダイコン、すなわち「ど根性ダイコン」の話である。
心無い人の悪戯で抜き捨てられたダイコンが残った葉から市役所の人の世話で再生していた矢先、土に植え替えた途端、瀕死の状態になったと言う。
そこで集中治療室ならぬお手製ビニールハウスでの看病となったようである。

私も似たような経験がある。
数年前、初めて種まきした珍しい苗がもう少しで花をつけそうだというその時、鉢が倒れ茎の付け根からポッキリと折れた。
その時のショックは大きく、茫然自失状態であった。
気を取り直して、私は再生させるべく決め細やかなケアを試みた。(普段の私は、物に固執しないタイプ悪く言えば・・・)
だが、このときは頑張った。そしてその甲斐あって苗は再生した。
だが、だが、、、、、後が悪かった。
再生したので安心してその後のケアはしなかった。
花は・・・花は・・・
苗はいつの間にか消滅していた。
[PR]
by udonn418 | 2006-01-29 23:02

ネギ焼き


e0062214_21452414.jpg
きょうは夕食の用意を息子がした。
メニューはネギ焼き。これだけ。
未知の食べ物(大袈裟だが本当である)と言う事で期待と不安がよぎる。
期待は好きなお好み焼きの一種だから美味しいであろう、尚且つ、ネギは風邪予防に効果ありなので健康によろしい。
その上経済的困窮の台所事情の昨今、材料費が安く済むことはありがたい。
不安は、息子が作る料理はどこか抜けている。砂糖と塩を入れ間違えたり、焼く時、ホットプレートに油を引かなかったり・・・しかし一番の不安というか不満は、ネギ焼きだけ、他には何もなし、と言う事。
普段なら、お好み焼きの時は焼きそばとサラダをつけるのに・・・・・
さて、肝心のネギ焼きの味は・・・・・・思いのほか美味しかった。でも、やはり物足りなかった。
仕方なく焼き芋を焼いて食べ、煎餅を5枚ほど食べ、ピーナツを17粒たべ、その後りんごで締めくくった。
息子は、自分が作った手前、痩せ我慢をして何も要らないと言う。
まぁ、私たちが寝た後静かにカップ麺を食べるのであろう事は容易に察しがつく。

ネギ焼きの画像は撮りわすれたのであしからず。
[PR]
by udonn418 | 2006-01-28 21:45

うどん屋


e0062214_15105694.jpg
きのう夫が暇つぶしに足に出来た霜焼けを掻きながら、ワイドショーを見ていた(私は食事の用意で忙しかった)。
その時、あの元プロ野球選手の伊良部秀輝が引退後アメリカでうどん屋をやっていると言う報道が。
な・な・なんとですかぁぁぁーーーあの、マスコミ嫌いで無骨な彼が、サービス業、しかもうどん屋となぁーーー。
似合わん!正直な私の感想だった。
だが、待てよ、確か彼は高校時代、めちゃ旨いことで有名な讃岐うどんの本場香川で高校時代を過ごしていたはず。
そうかぁーその3年間で彼はうどんに目覚め、うどんの虜になっていたんだなぁー

ああぁぁーーありがとさん。うどん崇拝者の私としては嬉しいで。世界のうどん屋になってな(野球では大成しなかったかもしれなかったけれどいいのよ)
彼の巨体で捏ね上げた生地は腰のある美味しいうどんだそうで、値段もかなり良心的だとか~

海外旅行なんかに行くと、現地での慣れない食事に飽きてきて、誰かれとなく、「うどんが食べたい」などと言い出してくる(お好み焼きが食べたいと言う裏切り者もいた)
実際は出た事はないが・・・・海外で美味しいうどんに出会えたら最高だろうな。
伊良部さま、2号店、3号店、1000号店ーーーーどんどん増やして行ってね。
[PR]
by udonn418 | 2006-01-27 15:13

きょう


e0062214_1531855.jpg
きょうは“有料駐車場”の日とか~
奈良に引っ越す前は駐車場を借りていた。その駐車場と言うのが滅茶遠かった。
団地内が許可車両以外に進入禁止だったので車の持ち主は自宅から遠い団地外に借りていた。
自宅から早足で歩いて15分かかった。駅には歩いて3分。まぁ。よっぽどの理由がない限り車には頼らず公共交通の方に足が向いていった。
次第に車は忘れられた存在となっていった。
そんな苦しい事情の中、近所の裕子ちゃんのお父さんは痛風になったので、団地内に車の乗り入れが許可された。
★痛風って足が痛くて歩くのが苦しい病気。贅沢病ということもあるらしい★
松葉杖をつきつき痛いたしい様子が涙を誘った。
ある日、帰宅した裕子ちゃんのお父さんを偶然見かけた。
だが、その時、私は見てはいけないものを見てしまった。
お父さん、きょろきょろして周りを見わたしたたかと思うと、松葉杖を小脇に抱え一目散に自宅に向かって走った。

あの・・・・・足は・・・・痛風の痛い足は・・・・・いったい・・・・・・・????

翌日私は裕子ちゃんのお母さんに会ったので聞いた。
「あの人、芝居が上手いねん。昨日はトイレに急いでたんやって。」
「ハァ・・・・・ァァァ」返す言葉がなかった。
[PR]
by udonn418 | 2006-01-26 15:31

1年で一番寒い日


e0062214_1416209.jpg
今日は平均的に見て1年で一番寒い日らしい。
奈良も非常に寒かった。2階の寝室から人気のない居間に降りてきたら5度だった。今まで経験した中で最低だった。
居ながらにして冷蔵庫で過ごす貴重な体験ができて最高だった?
エアコン2台つけて石油ストーブつけても凍える環境は改善の兆しが緩慢だった。
ああ~~~電気代が、灯油代が高いのに・・・悲しすぎる。
せめてストーブはお尻暖めるためにだけ使うのでなく、有意義に使いたい。
湯たんぽのお湯を沸かすのは勿論、焼き芋、焼き餅、衣類の乾燥、それから~~
昨日は豚の角煮、そして今日はカレー用の炒めタマネギ6個分。
だが、まだまだ活用しきれていない。
お湯が沸き放題で捨てるしかない。
せめて、寒さで傷んだ花苗にかけてあげたいと思うが、いかがなものか?
ショック療法は通用するのであろうか?
[PR]
by udonn418 | 2006-01-25 14:16

オマケ


e0062214_1812561.jpg
私はおまけが好きなおばさんである。
今日も某電気店でバックと膝掛けを貰ってきた。その電気店は車で15分はかかる遠いほうの部類に入る。
時間とガソリン代消費してまで行く価値あるのかと夫に呆れられている。
確かにその通り、間違いございません。
今日貰ったの品物だっていかにも安物で1回使ったら型が崩れそうなと感じの情けないバックだし、膝掛けはと言えば、これまた私の大きな太い膝には覆いきれないくらい小さくて、おまけに向こうが透けるほど薄い。
膝掛け風を見て、「コレ、何につかうんじゃ?」と夫。
「貴方にあげるから使って!膝掛け以外になんか使い道あるんじゃない?」と私。透かしてみたり、首に巻いてみたり、振って見たり・・・・・・・・・・・・・・・・うぅぅぅ・・・・・・・・・・・・・ああぁぁぁ・・・・・

「・・・・・・ない!いらん。」
と言う事で膝掛けは押入れの隅のほうに投げ入れた。
今までおまけの案内が来たのは殆ど行って貰って来た。
コレはすごい!いいもらい物したと言うのは全くない。
いい加減、目を覚ませよ、オマケ好きおばさんよ!
[PR]
by udonn418 | 2006-01-24 18:12

ボールペン

e0062214_17183492.jpg

今日は《文(ふみ)の日》である。
ふみの日と言えば筆記用具が2番目に浮かぶ。(一番目は手紙だが。)
筆記用具と言えば、夫が昨日こんな事を唐突に言い出した。
「エジプト旅行には4色ボールペンを4~5本は持っていかないかん」
はぁーー??何のことね?と私。
「エジプトの子供たちは4色ボールペンが大好きらしいから、たくさん持っていってねだられたら渡すんや」と。
へっ??へっっ???なんで????と私。
「エジプトは4色のボールペンがないから日本人みたら寄って来るそうな。寄ってきたら渡して逃げるんや」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」呆れて物が言えない図。

夫はエジプトに関する記事を検索して、この訳のわからない情報を仕入れてしっかり実行する気でいる。

私は勿論、ノー。
[PR]
by udonn418 | 2006-01-23 17:17

無用の長物


e0062214_141206.jpg
私にとって無用の長物、それは<着物>。
嫁入りの時、両親が体裁のため買い揃えて持たせてくれたものだが、結婚以来それらを活用したのは1回だけ(喪服は別)。
昔は、新婚旅行に行っている間に嫁ぎ先の親戚やらが新居に留守番と称して嫁入り道具やら衣類を点検する習慣があったようだ。
私の場合も、兄嫁や義姉らが点検したと後で聞いた。
両親はそういうことを見越して用意したのだろう。
だが、着る事のない和服を和ダンス共々引越しのたびに持ち歩いてまさに無用の長物である。

夫にこんな邪魔になるもの捨てようと言ったら、「捨てたらいかん。邪魔にならないものだから置いとけ」だって。
邪魔になってるんだわ!
和ダンスも捨てたら家が広く使えるし。
夫曰く、「30年ぐらい前、得意先から付き合いで結城紬の男物の着物を買った。そのとき50万円もした。」・・・「・・・捨てられん・・」
夫は男の癖に着物をかなり持っている。まぁ着ているのは見たことないが・・・
50万円もした着物そりゃあ捨てられないわね。本当は内緒で捨てようと企んでいたのにーー
誰か高い値段で買い取ってくれないかなぁ?

さて、どうしたものか~~~
[PR]
by udonn418 | 2006-01-22 14:03